歳をとると時間が早く感じるのは本当、新陳代謝の差が原因!

Pocket

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

この記事を書いている時点で私は51歳、日々の時間の経過を恐ろしく早く感じています。

自分だけが取り残されて、時間だけがすごい速さで進んでいくような感覚、それはもはや恐怖に思えるほどで、正直タイムリミットを意識し始める歳の人間にとっては焦燥感を感じざるを得ません。


時よ止まれ!

私にはまだまだやりたいこと、成し遂げたいこと、知りたい事がたくさんあります。一般的には逆かもしれませんが、歳を重ねれば重ねるほどのその思いが強くなっています。

結局はそのために会社を辞めて起業したのです。

しかし、歳をとると時間が早く感じる、これを身をもって今感じています。

これでは何もできないまま、あっという間に人生が終わってしまうのではないか、そんな焦燥感に日々苛まれ続けています。

しかし、それでは本当に時間が速く過ぎ去っているのでしょうか?

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

 

当然そんなことはありませんよね。

誰の時計も定められたスピードで回転しています。

ではなぜこれほどまでに強く感じるのか?

気のせいと言われても私は首を振ります。年齢を重ねると共に確実に時間が速まっています。

矢のように飛び去る時間

少しネットをくぐればわかりますが、様々なな諸説が取りざたされているようです。

誰もが残り時間を気にしているのがわかり、少しほっとしたような気もします。

ジャネーの法則というものがあり、wikipediaから抜粋させていただけば、

「簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。」

というもの。

これは法則を勝手に当てはめただけですので、まるで答えにはなっていません。

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

その他には、

歳をとると余り考えなくなるからとか、

子供のころは心拍数が高く大人は低いから動作の速さの差で一日が早いとか・・・

きたー!

ところがこんな私を唸らせてくれる回答を、ネットではなく実際の人から聞いたのです。

いわゆる人づてのネタで、本当なのかウソなのかという話は別にしてここでご紹介します。

それはある学校の先生の言葉でした。

「新陳代謝のスピードで時間の感じ方が違うと僕は信じてるんだよね」

その方のお言葉そのままです。

新陳代謝の速度は年齢や部位によっても変わるようですが、20歳の男性であれば、骨を除いてほぼ60日で完全に全細胞が入れ替わると言います。

人間はほぼ60日で別の者になっているというわけです。

話は少々それますが、そうであれば性格や考え方が変わるのも至極当然と言えるようなきがします。

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

この新陳代謝、年齢によって大きく異なり、例えば10代と50代で比較したとき、部位によっても変わりますがおおよそ3倍もスピードの違いが出る部位もあるとのことです。

つまりは子供の頃仮に30日で1サイクルだった新陳代謝が、50歳になると90日必要となってくる。

このことによって

10代の頃1日だった時間が、50歳になると3日の速さで進んでしまう。

つまりは時間の速さを10代の頃の感覚と比較してしまっているため、とてつもなく早く感じる。

どうでしょうか?

もちろん科学的な裏付けなどありません。

時間は概念、それぞれの個の感覚と考えた時、”新陳代謝説”は深く考えさせられる理論だと私は強く感じています。


最後まで私の駄文にお付き合いいただき本当にありがとうございます。どう感謝したらいいか言い尽くせません。これからも頑張ってたくさんの文章を書き続けていきます。きっと何かしら興味を抱いていただけることもあるはずです。またお読みいただけるご縁があることを切に願っています。

たまには「いいね!」などもポチッと押していただけますと、ますますやる気が出ていい文章が書けるような気がします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です