1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 1

Pocket

1991年、私がまだ25,6歳の頃に男友達と二人航空券とホテルの予約だけを済ませてアメリカ旅行に出掛けた事があります。
アメリカとは言っても4泊6日の観光旅行、お決まりのロサンジェルス、ラスベガスといった西海岸の大きな都市を回って来ただけの事でした。
しかし、そんなわずかな期間の滞在でも、添乗員も付かない中英語もろくにできない若者二人での初めての海外旅行、異国の社会に触れてみれば、様々な慣習の違いに気づき、驚かされることがしばしばでした。
今回はそんな短期間の海外旅行にもかかわらず、当時ならではでもある驚きと発見の連続だった日々の出来事の一部をご紹介したいと思います。

09
Photo from imcreator.com


ロサンジェルスの空港に到着して、タクシーに乗ろうと歩道でキョロキョロしていた時です。少し離れた場所にタクシー乗り場があり、こちらに頭を向けて何台かの車両が客待ちをしていました。僕はここまで来てくれるだろうと勝手に思い、先頭の車に向かって手を上げてみました。すると運転席のサングラスを掛けたまるでダーティハリーを思わせるような若い運ちゃん(古くてすみません)は、窓から左手を空に向けて突き出し、何やら奇妙な動作を繰り返しはじめました。

02
Photo from imcreator.com

日本で相手を自分の方に呼ぶときには、招き猫のようなポーズで「おいで、おいで」と、手のひらをくねらせます。ところが、アメリカ式となると、車の「オーライ、オーライ」のポーズ、まるで物を自分の頭の後ろにでも放り投げるような仕種をします。「そんなの、あたり前だよ」と、皆さんは思われでしょう。しかし、何にも知らない人間が、実際にそんな呼ばれ方をしてみると、「あいつは、いったい何をやってるんだ?」と、相手を怪訝な眼で見る事は必至です。

笑ってしまうのは、そのタクシーの運ちゃん、すっかり日本人観光客にも慣れていたらしく、私たちが躊躇している様子を見て取ると、「日本式の」おいで、おいでに、すばやく切り替えたのでした。

03
Photo from imcreator.com

ロサンジェルスでの最初の夜。真夜中にホテルのベッドで目を覚ました私は、飲みすぎたビールの影響で、強烈な喉の渇きを覚えました。部屋にはミネラルウォーターの買い置きもありません。「海外で水道水をそのまま飲むなど言語道断」とガイドブックなどで目にしてはいたものの、あまりの喉の渇きに耐え切れず、一口くらいならと少々白濁気味の蛇口の水を飲んでしまいました。

再びベッドに潜り込んだ私、わずか数十分後です、強烈な腹痛で飛び起きました。定石通り水があたったのでした。初の海外旅行最初の夜はそのほとんどの時間をバスルームで過ごす散々な夜となってしまったのでした。かび臭いホテルのバスルームでひとり、“JORDAN”のTシャツに短パンと皆一様に同じ格好をしたアメリカ人達が、なぜあれほど後生大事にペットボトルを抱えて歩いているのかを痛いほど理解した夜でもありました。

01
Photo from imcreator.com

ラスベガスの大通りを歩いていたとき、暴走族ではないのでしょうが大迫力のハーレー軍団と出会いました。ヘルメットも被らず、革のパンツで覆った長い足を突っ張って「ハーレー」を運転する彼らの姿は、まるでスクリーンの中そのまま、アメリカだあ!と私は感激したものした。私はライダーに憧れて400ccのバイクを買ったことがありました。二十歳を過ぎてからわざわざ中型バイクの免許を取り、アメリカンタイプのバイクを購入、皮ジャンにブーツを決め込んで、アメリカかぶれそのままに颯爽とオートバイを乗り回そうと思い描いていたのです。しかし、実際にバイクで行動してみると、あまりにもイメージと違う日本でのその不自由さに辟易しました。結局のところは手放してしまったのですが、日本の都心では当然カリフォルニアのようにたっぷりと車幅があるというわけにいかず、絶えず車に邪魔されながらくねくねと車体を揺らせて公道を走らなければいけません。信号が多く、絶え間なく止まる事を余儀なくされる状態では、自力で立つ事の出来ないバイクはこの上なく運転に神経を使います。車からの排ガスをもろに受け、公害との戦いもあります。ほとんど雨の降らないカリフォルニア、やたら雨の多い日本、一年中温暖な地域と、冬がやたらと長い国、オートバイという乗り物が生きていくためには、環境に決定的な隔たりがありました。ラスベガスの大通りを颯爽と行進するハーレー軍団を見た時、やはりその地域に適した乗り物というものが存在するのだと改めて気が付いたわけでした。



 

Part 2へ続く

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です