DAZNの画質悪すぎ!ダゾーンの映りが悪い、止まる、諦める前の改善方法

Pocket

ダゾーン評判悪し!

2017年シーズンからJリーグの放映権を獲得したDAZN(ダゾーン)、しかし、その放映されている映像品質の悪さにはなんともイライラされている方が多いはず。

scream-1819736_640

 

これは紛れもなくDAZN(ダゾーン)というストリーミングサービス自体の配信品質、技術の問題ですが、そうかといって、ユーザー側も手をこまねいて見ているわけにはいきません。

そんなわけで、快適にDAZN(ダゾーン)を見るために、我々にできる諸々の対策、改善方法を列記してみました。

 

関連記事「Jリーグのテレビ観戦はAmazonでDAZNを視聴|ダゾーンまとめ

おしゃれなjblのブーストスピーカー
これ一台でご自宅のテレビに驚くほどの臨場感が生まれます。

h2

自宅のテレビがスタジアムに!

カクカク、シカジカ

2017年度シーズンからのJリーグ放送の事実上の独占権を獲得したDAZN(ダゾーン)ですが、放送開始直後からトラブル続出、苦情殺到の有り様。

まるで靄のかかったような映像、カクカク動く、止まる、乱れる、挙句の果てには中継できないなど、言語道断的、何とも頼りないDAZN(ダゾーン)の映像に心底イライラされている方も多いはず。

02_R

筆者にしてみれば、JリーグがDAZN(ダゾーン)に放映権を売ったと聞いた時から予想していた通り、まあ、やっぱりねと言ったところ。

根本的なDAZN(ダゾーン)の配信技術の問題が大きく、劇的に映像を改善させることは難しいようですが、それでもユーザー側で出来る対策もあります。

以下にそんな諸々の対策を列記してまいります。

 

1.Wi-Fi編

まずはWi-Fiの受信の状況を確認する

Amazon Fire TV Stickを利用してDAZN(ダゾーン)を視聴しているのであれば、まずは宅内の無線LANの電波をStickが充分に受信できているのかを確認する必要があります。

Amazon Fire TV Stickでの受信状況の確認の手順は以下の通りです。

テレビの画面、メニューから「設定」を選びます。

01menu_R

 

「ネットワーク」をクリック

02settei_R

 

下図の黄色で囲った部分に、現在のWi-Fiの受信状況が表示されます。

03network_R

 

正常な受信ができていれば、「最強」や「良好」などと表示されていますが、「可能」や「弱い」などと表示される場合には原因の検証や、対処が必要な状態です。

 

Wi-Fiの受信状態が悪い場合の対処方法

Wi-Fi受信の状況が悪い場合の対処方法です。

(1) Wi-Fiに接続されている他の機器をすべてOFFにする

まずはごく簡単な、基本的なところからです。

宅内で同時に使用しているWi-Fi端末をすべてオフにして、DAZN(ダゾーン)を見るデバイスが単独でWi-Fiを受信できる環境を作ります。

起動しているパソコン、タブレット、Wi-Fiを利用しているのであればスマホもすべてWi-Fi受信をオフにします。

余計な負荷を減らしてDAZN(ダゾーン)専用のWi-Fi環境をつくることで視聴環境の向上が望めます。

beautiful-15704_640_r

 

(2) 無線ルーターのファームウェアは最新版となっているか

各メーカーのホームページから機種にあった最新のファームウエアを確認、ダウンロードしてお使いください。

(3) 無線LANルーターの無線チャンネルを変える

あまり知られていませんが、ご家庭の無線LANでいくつかのチャンネル切り替えが可能です。

通常はどこのご家庭でもデフォルトのままチャンネルを使用していると思いますので、ご近所や辺りに飛び回っている電波との間に電波干渉が起こっている可能性があります。電波干渉の起こらない良好な周波数のチャンネルへ切り替えることで、Wi-Fiの状況が劇的に改善されることがあります。

とりあえずは費用を掛けない対策としてぜひトライしてみてください。詳細はメーカーサイト、取扱説明書などでご確認ください。

adult-15700_640_r
(4) Amazon fire TV(据え置きタイプ)をLAN接続に変える

現在据え置きタイプのAmazon fire TV※を利用していて、Wi-Fi受信でDAZN(ダゾーン)を視聴しているのであれば、一度LANケーブルでのダイレクト接続を試してみる方法があります。※スティックタイプの機種はLAN接続不可

言わずもがなですがWi-Fiを利用しない分、安定した受信状態が保てます。

取りあえずこれであれば、ケーブルを用意するだけで、大きなお金を掛けずにできる手っ取り早い対策になります。

02_R

 

私も実際この方法を試してみました。。

劇的な映像品質の改善は望めませんが、止まる、ぼやけるなどのトラブルは格段に少なくなりました。また、リモコンの反応がよくなり、操作性がスムーズに感じられました。

(5) Wi-Fi中継器を利用する

無線LANからテレビに取り付けたAmazon Fire TV Stickまで距離があるような場合、中継器(増幅器)を利用することで電波にブーストをかけ、より強いWi-Fi波を発生させることができます。

ルーターをより強力なものへ買い替える方法もありますが、その手前の安価な対策としてお試しください。

 

(6) より強力な最新のルーターに買い替える

宅内の無線ルーターを高性能、ハイパワーな最新機種に変える方法です。今お使いの無線LANルーターはいつごろ購入されたものでしょうか?

最新の無線LANに交換するだけで意外と安価で、あきらかにネット環境の快適さは変わってきます。

こちらは我が家でも使用中、お薦めの機種です。

 




 

2.ハード、インフラ編

(1) ハイエンド型のスマートテレビへの買い替え

予算度外視、思い切った手を打つのであれば、ハイエンド型スマートテレビの購入で大幅な改善が見込めます。

Wi-Fiを利用せず、ルーターからダイレクトにケーブル接続できる分、映像品質の向上が望めます。

CPUの処理能力の高い機種で、DAZN(ダゾーン)をダイレクトに受信して処理できる国内製のハイエンド型のスマートテレビはこちらです。

DAZN(ダゾーン)に対応したお勧めの機種です。

関連記事「DAZN(ダゾーン)対応スマートテレビの一覧 2017年度シーズンJリーグを見るために

 

(2) さらに早く、高速回線への乗り換え

「NTTフレッツ光」などから、「NURO光」に乗り換えてみる。

「NURO光」はソニーが運営する高速回線サービス、下り最大2Gbpsと世界最速を謳う実力です。

確かにインターネットの感覚が変わることには間違いありません。

しかも、意外や安いんですよね。

月額4,980円~ですので、料金的にも大きな負担となるわけではないです。

現状の回線が「フレッツ光」のマンションタイプなどで、少々速度が出てないと感じるようであれば、こちらの回線に変更する選択肢もありです。

 

 

(3) 新型のAmazon Fire TV Stickに変える

Amazon Fire TV Stickをお使いであれば、CPUの処理速度、性能が格段にアップしたNewモデルがお勧めです。

ただ、たいていのお宅で、今回の「DAZN(ダゾーン)騒動」を受け、Amazon Fire TV Stickを購入されたばかりでしょう。

こんなに早く買換えというのもちょっとナンセンスかもしれませんが、もし、これからAmazon Fire TV StickでDAZN(ダゾーン)を視聴とお考えの方は、断然New モデルのStickのご購入をお勧めします。

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
(2017年10月25日発売)

CPU処理能力が格段に向上ししかも安価、こちらのタイプが断然お勧めです。

Amazon Fire TV Stick
Amazon Fire TV 2Gタイプ 4Kテレビ対応

※HDMIケーブル(別売り)が必要です。

 

(4) ひかりTVの導入を検討してみる

「ひかりTV」のチューナーを介してDAZN(ダゾーン)を見ることができます。

「ひかりTV」とは、NTTが運営する動画配信サービス(VOD)で、Wi-Fiを受信するための外付けチューナーを発売(レンタル)しています。

サイトの抜粋ですが、ビデオオンデマンドもテレビ放送も、HD(ハイビジョン)画質の約4倍の高解像度で見ることができるとのこと。「4K」映像に対応※しているため、多彩なジャンルの美しい映像を楽しむことができるという内容です。
※チューナーの4Kアップグレードの別途申込み(有料)が必要。

ひかりTVの詳細はこちらでご案内していますので、ご興味があればぜひご覧になってみてください。

詳細記事「ひかりTVでダゾーン、Jリーグを見る方法

 

まだAmazonプライムの会員になっていない方はいませんか?

DAZN(ダゾーン)を、Jリーグを見るために、今回Amazon fire TV stickを購入して、まだアマゾンプライムの会員になっていない方はいませんか?

会員と聞くと何となく敷居が高い、プライム会員になると何ができるの、会費が高いんじゃないのとお考えの方、まずは一か月の無料体験はいかがでしょう?

Amazonプライムは初月一か月間無料

Amazonが提供する会員サービスをAmazonプライム(年会費3,900円/税込)と呼びます。

このAmazonプライムへ加入することで様々な特典が受けられ、その中の目玉としてAmazonが提供する動画配信を中心としたサービス「Amazon プライムビデオ」があります。

今回DAZN(ダゾーン)を見るためにAmazon Fire TV Stickを購入して、せかっくストリーミングサービスを受信する設備を整えながら、これでAmazonプライムへは加入しないのでは、何とももったいない話です。

prime_movie

 

月額にして325円(税込)加算するだけで、Amazon が配信する8,000タイトル以上の映画やドラマが見放題になるだけでなく、幅広いジャンルの音楽の視聴や、Amazonでのお買い物の送料が無料など様々な特典を受けることができます。

ストリーミングの恩恵を受けるといった意味では、月額325円を出し惜しみしてしまっては本当にもったいない!

加入当初は30日間の無料体験が付いてきますので、まずはこの機会に30日間、お腹一杯になるまでお好きな映画やドラマを鑑賞して、ぜひAmazonプライムの素晴らしさ、メリットをご体験されることをお勧めします。

ホント

 

一生分のコンテンツに朦朧とする日々

実際に私も利用していますが、無料番組の更新、入れ替わりも常時に行われていて、話題の映画やドラマが次々と提供され、まさに見る方が追いつきません。

ゆうに“一生分のコンテンツ”があるなと感じるほどです。

アマゾンプライムの利用者は他のVODサービスと比較しても桁外れの会員数です。

これから何を見ようかと映画やドラマなどを選ぶ時に、すでにそのコンテンツを見た方からの評価、レヴューなどが充実していてたいへん参考になります。また、あらすじや、解説などのデータも詳しく載っていて、知りたいデータにすぐに行き着くことができます。

また余談ですが、今Prime Musicで、松田聖子さんのアルバムがごっそり無料で聞けます。私の青春時代の彼女の曲を、今懐かしく聞きまくっています。

30日間の無料体験期間がありますので、万一気に入らない場合、期間内の退会であれば料金はかかりません。

 

ホント、頼むよDAZN(ダゾーン)

さてさて、なんともストリーミング配信の技術の低さ、力不足が否めないDAZN(ダゾーン)です。Jリーグの見切り発車の部分も責められるところだと思います。

今後日本人の求める高いクオリティー、厳しい要求にこたえるべく、DAZN(ダゾーン)にはぜひとも一層の企業努力を期待したいところです。

そんな中、もう始まってしまったものは仕方なし、少しでも宅内での環境を整えて、DAZN(ダゾーン)を、Jリーグを快適に視聴する努力が我々ユーザーにも必要になってくのるかもしれません。

 

2017年度シーズンのJリーグ、リーグ戦を見るためには、ほとんどのご家庭でAmazon Fire TV Stickを利用することとなります。

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
(2017年10月25日発売)

CPU処理能力が格段に向上ししかも安価、こちらのタイプが断然お勧めです。

Amazon Fire TV Stick
Amazon Fire TV 2Gタイプ 4Kテレビ対応

※HDMIケーブル(別売り)が必要です。

 




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です