最近は鶏の唐揚げに凝ってますが、なかなかうまくいきません。

Pocket

料理はよくやります。

私はコック経験がありますので、まあ当然と言えば当然ですが人並み程度にはできます。2日に一度の朝食用のパン作り※や、やはり2日に一度は家族3人分の夕食の用意もします。
※過去記事「ホームベーカリー購入の前に。あなたは本当に使いこなせますか?

中学生になる息子は学校から帰って私の顔を見ると、「飯なに?」と、自然と私に聞いてきます。
別に自慢するつもりはありませんが、それくらい我が家で父親が料理することは普通になってます。

Photo by pixabay.com

Photo by pixabay.com

 

スポンサー広告


やっぱり揚げたて

年齢的なものもあるのでしょうか、肉と言えば最近は鶏肉が牛や豚を押しのけて食べたくなります。

子供の頃は鶏肉などといえば毛嫌いするくらいに嫌いでした。特にあの脂身の気持ち悪さ。

でも昨今はこの鶏肉自体の味のレベルが上がって美味しくなってる気がします。

コンビニの唐揚げなどもおいしいですよね。

そんなこともあって、最近は鶏の唐揚げが無性に食べたくなるのです。

揚げ物ですからやはり揚げたてですよね

こればかりは冷めてしまうとベチャッとなってしまい、どんなに評判のお店の物でもやはり味はガタ落ちです。

そんなわけで、ここ最近自分で唐揚げを揚げるようになりました。

油料理は後始末がちょっと大変だったので以前は敬遠していたのですが、揚げる油の量を少量にしたりと工夫しながら料理しています。

Photo by pixabay.com

Photo by pixabay.com

もちろんこんなかわいい鳥は食べません・・・

奥が深いぞ鶏の唐揚げ

何度か試してますが、なかなかうまくいきませんね、片栗粉をつけすぎたり、少々揚げ過ぎて硬くなったり・・・

まだ短期間の試行錯誤なので、正直ここで何かを発表するほどのレシピがあるわけではありません。

それでも元料理人の意地、少々えらそうにプロ目線で語らせていただければ、唐揚げは、揚げる前の漬け込みと、油の温度が重要なポイントだと思っています。

1. にんにくをたっぷり浸みこませる

私はニンニクや、スパイス系の効いた唐揚げが好きです。揚げる前の準備として、醤油、酒を合わせた中にたっぷりの練りチューブのにんにくにを混ぜ合わせます。そして、その中に鶏肉を半日程度漬け込みます。この時よく浸み込ませるために鶏肉に包丁の先で切れ目を入れることをお忘れなく。

2. 衣生地にごく少量のパン粉を混ぜる

いきなり試してみたのですが、これが当たりました。

衣の生地の片栗粉の中に少量のパン粉を混ぜてみます。

見事!表面にサクサク感が出て、触感が俄然よくなりました。

Photo by pixabay.com

Photo by pixabay.com

3. 2度揚げをする

まあ、揚げ物の基本と言えば基本ですが、一度目で7割がた揚げて一度取り出し、2度目に高めの温度でさくっと揚げるという感じでしょうか。こうすることで中身のジューシーさが損なわれません。

これおいしかったです。手羽先はなかなか家庭では作れませんので。
スポンサー広告

まあ、まだまだ試行錯誤の段階ですが、それでも揚げたての唐揚げはやはり最高です。皆さんもぜひトライしてみてください。また何か発見があったらこの場で発表していきたいと思ってます。


最後まで私の駄文にお付き合いいただき本当にありがとうございます。どう感謝したらいいか言い尽くせません。
これからも頑張ってたくさんの文章を書き続けていきます。きっと興味を抱いていただける記事もあると思います。
またお読みいただけるご縁があることを切に願っています。
たまには「いいね!」などもポチッと押していただけますと、ますますやる気が出ていい文章が書けるような気がします。


スポンサー広告


スポンサー広告

Pocket

SNSでもご購読できます。

古いオーディオの買取り、処分、ご相談

main_base_590

世界最速!これでDAZN(ダゾーン)も快適に視聴!!

コメントを残す

*