1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 1

1991年、私がまだ25,6歳の頃に男友達と二人航空券とホテルの予約だけを済ませてアメリカ旅行に出掛けた事があります。
アメリカとは言っても4泊6日の観光旅行、お決まりのロサンジェルス、ラスベガスといった西海岸の大きな都市を回って来ただけの事でした。
しかし、そんなわずかな期間の滞在でも、添乗員も付かない中英語もろくにできない若者二人での初めての海外旅行、異国の社会に触れてみれば、様々な慣習の違いに気づき、驚かされることがしばしばでした。
今回はそんな短期間の海外旅行にもかかわらず、当時ならではでもある驚きと発見の連続だった日々の出来事の一部をご紹介したいと思います。

09
Photo from imcreator.com

続きを読む

ホームベーカリー購入の前に。あなたは本当に使いこなせますか?

ホームベーカリーってどう?本当におすすめなのか?

ホームベーカリー、家庭用パン焼き器は本当におすすめの調理器具なのか?

購入すれば誰でも簡単にパンが作れるのだろうか?

そもそもおいしく焼けるのか? そして、機種選びは?

こんな疑問や悩みに、ホームベーカー歴8年、元高級ステーキハウス店コック、つまりは元料理人が一つ一つお答えしていきます。

結論を行ってしまえば、ホームベーカリーはメーカーが謳うほど“簡単ではありません”。

慣れない間は“失敗も実に多い”です。

お薦めかどうか、と聞かれれば・・・・

あなた次第です。としかお答えのしようがありませんね。

Photo by imcreator.com

続きを読む

ビートルズには遅すぎて、コンピューターには早すぎた世代

 

古い話で恐縮ですが、私が20代前半の頃(私は1965年の生まれなので、20代と言えば概ね1985年以降の事です)、何かの雑誌に「ビートルズには遅すぎて、コンピューターには早すぎた世代」と我々の年代を揶揄しだコピーが載っていたのを覚えています。
どこの誰が言った言葉なのか今となっては分かりませんが、ずいぶんと可哀相がられてしまったその言い回しに、私は「まあそんなものかな、うまいことを言う人がいるものだなあ」などと思って妙に納得していたものでした。

16.08.10.01
Photo from imcreator.com 続きを読む

あっけないほど簡単にあちこちを痛めるのはやはり年のせい?

くだらない話題で恐縮です。

今薬指がめちゃめちゃ痛いです。

タンスの引き出しを開けようとして手を掛けたところ、指が滑って右手の薬指だけが取っ手に引っかかる形に。せっかちな私は瞬間的にそのまま薬指だけでタンスに挑戦。直後に訳の分からない痛みが走り手のひらにかけて薬指が死にました。とほほ・・・

16.08.12.01
Photo from imcreator.com

写真が怖くてすみません。

続きを読む

猛暑、猛暑と叫ばれる日本なのに、なぜか寒いぞ、夏

真夏に電車やビルなどの冷房が効いたの中に、Tシャツや半ズボンといった「ごく当たり前」の服装で入っていった時、ぞっとするほど寒く感じる事がありませんか?私がめちゃめちゃ寒がりなのは史実ですが、明らかに寒すぎますよどこもかしこも・・・。11058182665_4698c710e6_b
Photo from imcreator.com

 

続きを読む

逃げても、逃げてもどこまでも追いかけてくるストレス

サラリーマン時代は、出社してデスクに座るやいなや腕時計を外し、ネクタイを緩め、革靴を脱いでサンダルに履き替えて事務所の中をペタペタ歩き回っていました。基本的に体に何かを着けておくのがたまらなくいやなんですよね。なんででしょう?自分でもよくわかりません(苦笑

16.08.10.03
Photo from imcreator.com

続きを読む

すっかり引きこもりと化していたものの久しぶりに街へ出る

脱サラするまでの20年近く、様々な職種を経験し、これによって様々な勤務地へと通っていた私ですが、その通勤方法のほとんどが電車通勤でした。運良くそれほどひどいラッシュアワーにはあわず済みましたが、どうあれそれなりに混んだ通勤電車に押し込められ毎日会社まで通っていました。

train-388253_1920
Photo from pixabay.com

 

続きを読む