なんと無料です!都庁展望ロビーに昇ってみた。

新宿に位置する都庁庁舎ビル、何やらガウディーの作品を連想させるようなこの建物の展望ロビーに昇ってみました。
なにを「おのぼりさん」みたいなと言われそうですが、数百メートルの高さからの景色を無料で眺められるというのはなかなかのお得感、何より東京スカイツリーのように順番待ちの列に並ぶ必要もまずありません。そう穴場ですよ。

続きを読む

月と鼈(すっぽん)の本当の意味はこれで決まり!すっきりしてください、ネット史上初出稿

月とスッポン本当の意味は?

「月とスッポン」という言葉があります。

この言葉往々にして、美しい物とあまりに不釣り合いな物、または、それぞれの能力に大きな差がある時などによく喩として使われる言葉のようです。

それでは、なぜ「月」に対して「スッポン」なのでしょうか?

ゆうゆうと夜空に浮かぶ月が美しいのはよく分かりますね。

ではスッポンはそんなに醜くて、わざわざ喩えに取り上げられてしまうような生き物なのでしょうか?

 

続きを読む

静かな電車の中でそんなに気持ちよくくしゃみされたらビックリします

他愛もない話題で恐縮ですが、様々なマナーの中で意外とくしゃみという動作はあまり取り上げられていないように感じます。人がしている「くしゃみ」の”声”を聞いていると、実に様々なバリエーションがあるものだなあと感心させられたりします。引きつっているような遠慮がちなものから、「わざとやってるんちゃう?」みたいな大音響の物まで、まさにその人の人となりを映し出しているようにも思えます。

Photo from imcreator.com

Photo from imcreator.com

 

続きを読む

1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 3

アメリカ旅行での移動の手段はもっぱらレンタカーでした。ロサンゼルス空港でレンタカーを借りて、それでカリフォルニア中を走り回ってやろうなどとと考えていたのですが、私は地図での距離感をまったくもって勘違いしていて、当然実質4日くらいの日取りでとてもそんな事が出来るわけはありませんでした。

前記事「1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 1」「1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 2

Photo from imcreator.com

Photo from imcreator.com

続きを読む

1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 2

添乗員など付かず、もちろんスマホの翻訳機など存在しない時代、往復のチケットとホテルの予約をしただけのアメリカ旅行では、食事をするにも買い物をするにも当然最低線の英会話力は必要となります。しかしながら、当時友人も私も英語力はいいところ中学前半のレベル。カリフォルニアでも観光地ならばともかく、町中の生活圏となると、英語が使えないアジア人というだけで、売店のおばちゃんなどにさえも相当蔑まれた目で見られてしまいます。悪い言葉ですが、まともな教育も受けていない人種くらいにどうも思われてしまうようなのです。

前記事「1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 1

Photo from imcreator.com

Photo from imcreator.com

続きを読む

1991年、アメリカぽんこつ旅行 Part 1

1991年、私がまだ25,6歳の頃に男友達と二人航空券とホテルの予約だけを済ませてアメリカ旅行に出掛けた事があります。
アメリカとは言っても4泊6日の観光旅行、お決まりのロサンジェルス、ラスベガスといった西海岸の大きな都市を回って来ただけの事でした。
しかし、そんなわずかな期間の滞在でも、添乗員も付かない中英語もろくにできない若者二人での初めての海外旅行、異国の社会に触れてみれば、様々な慣習の違いに気づき、驚かされることがしばしばでした。
今回はそんな短期間の海外旅行にもかかわらず、当時ならではでもある驚きと発見の連続だった日々の出来事の一部をご紹介したいと思います。

09
Photo from imcreator.com

続きを読む

ホームベーカリー購入の前に。あなたは本当に使いこなせますか?

ホームベーカリーってどう?本当におすすめなのか?

ホームベーカリー、家庭用パン焼き器は本当におすすめの調理器具なのか?

購入すれば誰でも簡単にパンが作れるのだろうか?

そもそもおいしく焼けるのか? そして、機種選びは?

こんな疑問や悩みに、ホームベーカー歴8年、元高級ステーキハウス店コック、つまりは元料理人が一つ一つお答えしていきます。

結論を行ってしまえば、ホームベーカリーはメーカーが謳うほど“簡単ではありません”。

慣れない間は“失敗も実に多い”です。

お薦めかどうか、と聞かれれば・・・・

あなた次第です。としかお答えのしようがありませんね。

Photo by imcreator.com

続きを読む

ビートルズには遅すぎて、コンピューターには早すぎた世代

 

古い話で恐縮ですが、私が20代前半の頃(私は1965年の生まれなので、20代と言えば概ね1985年以降の事です)、何かの雑誌に「ビートルズには遅すぎて、コンピューターには早すぎた世代」と我々の年代を揶揄しだコピーが載っていたのを覚えています。
どこの誰が言った言葉なのか今となっては分かりませんが、ずいぶんと可哀相がられてしまったその言い回しに、私は「まあそんなものかな、うまいことを言う人がいるものだなあ」などと思って妙に納得していたものでした。

16.08.10.01
Photo from imcreator.com 続きを読む