JリーグはDAZN(ダゾーン)でテレビ観戦 | Jリーグの失敗、DAZNに物申す!

Pocket

DAZN(ダゾーン)と10年2,100億円の契約!?

日本のスポーツ中継もついにストリーミング放送の時代へ突入か?

こんな書き方をすれば実に響きが良く、今後のテレビ放映のあり方を根本的に変える革新的な出来事のようにも聞こえます。

2017年度から、Jリーグはパフォームグループが提供すストリーミングサービス「DAZN(ダゾーン)」と放映権契約を締結、その契約額は10年間で2,100億円というから驚きです。

これからDAZN(ダゾーン)加入をご検討の方はこちらをご覧ください。
参考記事「DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法5ステップ

02

DAZN(ダゾーン)の独占放映開始

Jリーグの公式発表、HPから抜粋。
「2017年2月25日(土)に開幕する2017シーズンから、明治安田生命J1・J2・J3リーグはライブストリーミングサービス「DAZN」で全試合生中継いたします。なお、有料ライブ放映はDAZNのみの放映となります。」

2016年度まで独占放送を続けてきたスカパーは、これにより一部特番などは残すものの事実上の撤退、今後Jリーグの放送を観戦するためには、DAZN(ダゾーン)との契約が必須となります。

dazn_logo

 

DAZN(ダゾーン)の計画

これまでのJリーグとスカパーとの契約額は年間で30億円ほどといわれています。

この額を単純に年額でDAZN(ダゾーン)と比較すると、1年間で7倍以上、確かにこの金額を提示されたJリーグ側にしてみれば、もはやこのオファーを断る理由はなく、DAZN(ダゾーン)ありきのうちに2017年度以降の放映権契約のゆくえを協議したことは明白ですね。

しかし、このDAZN(ダゾーン)単純に1年間で210億円以上を支払うわけですから、月額1,750円の年会費では120万組以上の加入が見込めないとペイできない計算になります。営業ベースで計算すれば200万件は必要でしょう。

Jリーグで200万件って…

07

 

ただ、このDAZN(ダゾーン)、既に提供されている海外の放送では、スポーツ賭博の分野で大きな儲けを出しているとのことです。

今後日本でも賭博に関する法改正(カジノ法案)が活発化する方向にあるようですので、今回のこのJリーグとの契約は、このあたりを見越した日本に対する先行投資的な意味合いが強いものと思われます。

 

DAZN(ダゾーン)の品質

さて、肝心のDAZN(ダゾーン)の放送品質はあまりにお粗末、正直観戦する意欲を失わせるような劣悪な映像というのが実情です。

開幕当初から、止まる、カクカク動く、乱れる、まるで数年前のアナログ放送に戻ったような画質、動きに滑らかさがなく、ピッチの3分の1を映す引いた画面では、もはや画面の中の選手が一体誰なのかの判別もできません。

そして、なんとやっちまったDAZN(ダゾーン)、Jリーグ放送開始初回から、放送不能事故も発生してしまいました。

もちろんストーミング放送ですので、ネット環境に大きく作用されることは確かですが、他のストリーミング放送と比較しても、そして何より、スカパーの綺麗な映像に見慣れた日本の視聴者に向けて、現在のところとても提供できる映像とは思えません。

02_R

 

スカパーの映像が懐かしい

視聴方法の複雑さといい、なによりこの画質の悪さ、このままでは、今後新たにJリーグを見たいというファンを取り込むうえで、たいへん大きな障壁となる事は容易に想像できます

もっとも、ストリーミング放送のみの中継となってしまった場合、もはやJリーグの存在さえ忘れられかねない出来事となってしまうのではないかと訝しむのは、現代のメディア事情に疎い人間の意見なのでしょうか。

私は今回のこのJリーグの判断は、後々まで語り継がれる「Jリーグの失敗」となってしまうのではないかと強く危惧しています。

02

 

ただ唯一の救いがあるとすれば、今回DAZN(ダゾーン)とJリーグとの契約はリーグ戦のみ、天皇杯、JリーグYBCルヴァンカップ 、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)は、スカパーなど他局で引き続き放映されます。

また、今回の契約はあくまで有料放映に関する権利のみで、無料の地上波、BS、ローカル放送は含まれていないとのことです。放映に関する著作権はあくまでもJリーグが保有し、中継制作費もJリーグが負担するとのこと。

つまりは、Jリーグが作った放送をDAZN(ダゾーン)が購入して放映するだけなので、Jリーグの考え方次第ではまだまだ新たな手を打てる余地は残されているようにも考えられます。

Photo by pixabay.com

 

Amazon Fire TV Stick品薄です。

2017年度からのJリーグを見るためには、ほとんどのご家庭でAmazon Fire TV Stickを利用して、DAZN(ダゾーン)を見ることとなりますが、現在、たいへん品薄な状態が続いています。

DAZN(ダゾーン)のセッティングがまだの方は、Amazon Fire TV Stickの購入をお急ぎください。

関連記事

Jリーグをテレビで見る方法 | DAZN(ダゾーン)まとめ

ダゾーンの映りが悪い、止まる、諦める前にできること

 

Amazon Fire TV Stick 2Gタイプ

※HDMIケーブル(別売り)が必要です。

Amazon Fire TV Stick ダイレクトタイプ
Amazon Fire TV Stick NEWタイプ (2017年4月6日発売)

CPU処理能力が格段に向上ししかも安価、4/6まで待てるのであればこちらのタイプが断然お勧めです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

店長自らが親切、丁寧に対応いたします。

main_base_590

コメントを残す

*